日本マイクロソフト、社長交代決めた理由 グループきっての優等生にもかかわらず

印刷
A
A

北海道出身で父は日本人、母は米国人というルーツを持ち、「日本語も英語も完璧」(樋口社長)。高校まで日本で過ごし、米国の名門校ブリガムヤング大に進んだ。会見で「外見と名前が合いませんね、と良く言われますが、北海道生まれの道産子です」と笑いを誘った平野副社長。その一方で、表情を引き締めて「(現社長から)しっかり踏襲していきたい」と強調したのが「日本に根付き、日本に信頼される会社」という経営方針の引き継ぎだ。

2008年4月に就任した樋口社長は、2011年2月に社名を「日本マイクロソフト」に変更、製品やサービスに高い品質を要求する日本市場で着実にビジネスを拡大し、内外で日本法人の存在感を高めた立役者だ。2014年6月期決算では過去最高の売上高を達成。米国やドイツ、フランスなどの先進6カ国の中で最優秀の業績を上げたとして、日本法人は過去4年間で3回、グループ内で表彰されるなど、経営手腕への評価は高い。

 日本の政財界での地位向上目指す

にもかかわらず今回、会長の座を設け、社長を別に置くことには、米本社に歩調を合わせてのクラウド、モバイル事業を強化する以外にも理由がある。

それは、今まで活動が手薄だった日本の政財界での地位向上と、それを通じた事業への相乗効果を生むことだ。「これまで感じていたことだが、一人で外の仕事と中の仕事と、両方やるのは大変だった」(樋口社長)と振り返ったうえで、会長就任後は、「これまで必ずしも出来ていなかった財界や政府への影響力の向上」などを実現したいと表明。「オリンピックを始めとする社会貢献など、平野(次期社長)が拾いきれないプロジェクトを拾っていく」と力を込めた。

社長と会長が並び立つ体制には、役割分担のメリットと裏腹に、リーダーシップが分散するリスクもある。6月末までは、平野副社長が部下として樋口社長に報告を上げる立場だが、新体制ではそれぞれが並列的にグローバル統括役員の配下となる。目標とするクラウド、モバイルへのシフトをやり遂げて、これまでのように成長を続けられるのか。2人が密接な連携を保てるかが重要なカギになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT