フォーブス富豪番付「日本の24人」とは?

若手ネット起業家も数多くランクイン

(写真:ryanking999 / Imasia)

米経済誌フォーブスは3月2日、恒例となっている10億(1ビリオン)ドル以上の資産をもつビリオネア(十億万長者)番付の2015年版を発表した。10億ドルは、日本円にすると1200億円。1800人を超えるビリオネアのリストがフォーブスのサイトに公開されている。

トップのビル・ゲイツは792億ドル

同番付の1位はマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏で資産総額は792億ドル。2位は、メキシコで通信会社などを経営するカルロス・スリム氏で771億ドルだった。

では日本だけに限るとランキングはどのようになるのか。日本のトップは、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長で202億ドル(全体では41位)。同サイトで「Japan」と表記されているのは以下の24人。インターネット関連の起業家が数多くランクインした。しかし1800人以上がランクされている中で、Japanは少数派だ。

次ページJapanの24人とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。