フォーブス富豪番付「日本の24人」とは?

若手ネット起業家も数多くランクイン

(写真:ryanking999 / Imasia)

米経済誌フォーブスは3月2日、恒例となっている10億(1ビリオン)ドル以上の資産をもつビリオネア(十億万長者)番付の2015年版を発表した。10億ドルは、日本円にすると1200億円。1800人を超えるビリオネアのリストがフォーブスのサイトに公開されている。

トップのビル・ゲイツは792億ドル

同番付の1位はマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏で資産総額は792億ドル。2位は、メキシコで通信会社などを経営するカルロス・スリム氏で771億ドルだった。

では日本だけに限るとランキングはどのようになるのか。日本のトップは、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長で202億ドル(全体では41位)。同サイトで「Japan」と表記されているのは以下の24人。インターネット関連の起業家が数多くランクインした。しかし1800人以上がランクされている中で、Japanは少数派だ。

次ページJapanの24人とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。