オペル、車とネットつなぐ無線通信開始へ

GM「オンスター」でネットの利用可能に

 3月3日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の独オペルのノイマン最高経営責任者(CEO)が明らかにしたところによると、同社は今年、新車購入から1年間無料の無線通信サービス「オンスター」を欧州で始める。写真はオペルのロゴ。2010年6月撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[フランクフルト 3日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>傘下の独オペルは今年、新車購入から1年間無料の無線通信サービス「オンスター」を欧州で始める。

車に携帯電話のSIMカードを搭載し、エアバッグが開いたり緊急警報装置が作動したりすればドライバーに通知するほか、車内にキーを閉じ込めてしまった場合には離れた場所から解錠することができる。

ノイマン最高経営責任者(CEO)が3日、ジュネーブ国際自動車ショーで明らかにした。

ノイマン氏は「おそらくわれわれにとって、ジュネーブで発表できる最も重要な新規サービスがオンスターだ。緊急支援や接続サービスを提供し、車とインターネットをつなぐ」と説明。英国、オランダ、ドイツで、新車購入から1年間無料の第4世代(4G)の無線通信サービスを提供するという。

同氏は「米アップル<AAPL.O>が自動車事業に参入するとのうわさは、自動車産業が激変する兆しだ。車は『インターネット・オブ・シングス(IoT)』の一部となり、われわれもその一端になりたい」と語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。