オペル、車とネットつなぐ無線通信開始へ

GM「オンスター」でネットの利用可能に

 3月3日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の独オペルのノイマン最高経営責任者(CEO)が明らかにしたところによると、同社は今年、新車購入から1年間無料の無線通信サービス「オンスター」を欧州で始める。写真はオペルのロゴ。2010年6月撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[フランクフルト 3日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>傘下の独オペルは今年、新車購入から1年間無料の無線通信サービス「オンスター」を欧州で始める。

車に携帯電話のSIMカードを搭載し、エアバッグが開いたり緊急警報装置が作動したりすればドライバーに通知するほか、車内にキーを閉じ込めてしまった場合には離れた場所から解錠することができる。

ノイマン最高経営責任者(CEO)が3日、ジュネーブ国際自動車ショーで明らかにした。

ノイマン氏は「おそらくわれわれにとって、ジュネーブで発表できる最も重要な新規サービスがオンスターだ。緊急支援や接続サービスを提供し、車とインターネットをつなぐ」と説明。英国、オランダ、ドイツで、新車購入から1年間無料の第4世代(4G)の無線通信サービスを提供するという。

同氏は「米アップル<AAPL.O>が自動車事業に参入するとのうわさは、自動車産業が激変する兆しだ。車は『インターネット・オブ・シングス(IoT)』の一部となり、われわれもその一端になりたい」と語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT