米金融引締めでアジアの急激な通貨安リスク続く ただアジア諸国の経常収支改善し外貨準備潤沢に

拡大
縮小

アジア開発銀行(ADB)の浅川雅嗣総裁は27日、米金融当局がインフレ抑制のための積極的な金融引き締めを継続する状況にあって、アジアで急激な通貨安が続くことが見込まれると語った。

浅川総裁はオンライン形式の記者会見で、「この地域からの突然の資金流出や非常に急激な通貨安のリスクないし可能性がしばらくの間続くことを懸念している」と話した。

資金の移動は「非常に急速かつ変動が大きい」とし、資本移動に「強く警戒」するのが常に適切だと指摘。一方で、同地域の経常収支は改善し、外貨準備は強靱(きょうじん)さを増したと述べた。

原題:

Risk of Outflows, Sharp FX Drop in Asia May Persist, ADB Says(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Michelle Jamrisko

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT