有料会員限定

「公文式」とソーシャルインパクトボンドの融合 教育イノベーションはいかにして実現したのか

✎ 1〜 ✎ 380 ✎ 381 ✎ 382 ✎ 最新
拡大
縮小
リビングで学習する女性
(写真:ふじよ/PIXTA)

伝統と革新、昨今の教育イノベーションには目を見張るべきものがある。ファイナンスと結び付き、SDGsに貢献する事例も報告されている。

公文式といえば、幼児や小中学生向けの学習塾として有名だが、その学習法は、さまざまな方面で活用されてきた。障害児への知育教育、少年院をはじめとする矯正施設への支援など、実に多様だ。

認知症高齢者へのサービスにも継続的に取り組んできた。高齢者専用の読み書き・計算によって、認知機能の低下を防ぐばかりか、認知症に伴う周辺症状(失禁・徘徊・歩行困難など)が改善されることも確認されている。

次ページ仕組みを公文式の学習療法に応用すると
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内