有料会員限定

過去最高を記録した女性の労働力率と次なる課題 人口減少の中、かろうじて労働力人口を維持

✎ 1〜 ✎ 381 ✎ 382 ✎ 383 ✎ 最新
拡大
縮小
様々な職種で働く女性たち
(写真:takeuchi masato/PIXTA)

今年に入って失業率の改善など労働市場は総じて堅調だ。その中で、重要指標の1つである労働力率(労働力人口比率)が、今年6月に22年ぶりに63%を記録した。この指標は労働力人口(就業者+失業者)が15歳以上人口に占める割合と定義され、生産年齢に達した人口のうち、どれだけが労働力として経済活動に参加しているかを表す。

日本の労働力率は高齢者の増加に伴って長期的に低下してきたが、景気の回復と歩調を合わせ2012年から上昇基調に。その後、コロナ下でやや停滞したが、ここに来てさらなる上昇を見せている。

次ページ女性の労働市場参加はなぜ進展したか
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内