三菱自動車の3工場は実損ないがモータープールやサプライヤーが被災【震災関連速報】

三菱自動車の3工場は実損ないがモータープールやサプライヤーが被災【震災関連速報】

国内中堅の自動車メーカー、三菱自動車は14日、主力の岡崎製作所(名古屋県岡崎市)、水島製作所(岡山県倉敷市)、パジェロ製造(岐阜県坂祝町)の3工場で15日まで車体生産を見合わせると発表した。

11日に発生した東日本大震災を受けて、3工場に人的、物理的な被害はなかったが、部品調達先であるサプライヤーの一部が被災したもよう。手持ちの部品在庫を使い、16日には工場を稼働させるが、17日については15日に判断する。

現在も販売会社の一部で連絡がとれていない店舗があるほか、仙台のモータープールに保管していた400台の新車が被災した。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT