サムスン電子が従業員の給与水準を凍結

3年ぶりの減益を受けて

 2月26日、韓国のサムスン電子は今年、2009年以降初めて従業員の給与水準を凍結する。写真は同社ロゴ。ボスニア・ヘルツェゴビナのゼニツァで昨年10月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は今年、2009年以降初めて従業員の給与水準を凍結する。同社の広報担当者が26日、明らかにした。

同社の2014年決算は3年ぶりの減益となった。米アップル<AAPL.O>や、小米科技(シャオミ)[XTC.UL]など中国勢との競争激化を背景とするスマートフォン事業の低迷が響いた。

サムスン電子が前回、給与を凍結したのは、世界的な金融危機に見舞われた2009年。その後は毎年、給与を引き上げてきた。

同社の広報担当は、給与凍結の理由を詳しく説明していない。

同社の投資家広報担当責任者は今月、今年の配当が昨年を下回る可能性を示唆した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT