サムスン電子が従業員の給与水準を凍結

3年ぶりの減益を受けて

 2月26日、韓国のサムスン電子は今年、2009年以降初めて従業員の給与水準を凍結する。写真は同社ロゴ。ボスニア・ヘルツェゴビナのゼニツァで昨年10月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は今年、2009年以降初めて従業員の給与水準を凍結する。同社の広報担当者が26日、明らかにした。

同社の2014年決算は3年ぶりの減益となった。米アップル<AAPL.O>や、小米科技(シャオミ)[XTC.UL]など中国勢との競争激化を背景とするスマートフォン事業の低迷が響いた。

サムスン電子が前回、給与を凍結したのは、世界的な金融危機に見舞われた2009年。その後は毎年、給与を引き上げてきた。

同社の広報担当は、給与凍結の理由を詳しく説明していない。

同社の投資家広報担当責任者は今月、今年の配当が昨年を下回る可能性を示唆した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。