エクストレイル「北米の2年遅れ」で発売のワケ ラインナップ/e-POWER/価格帯、理由は3つ

拡大
縮小
試乗会にて乗った新型「エクストレイル」
上質さに磨きがかかった新型「エクストレイル」(筆者撮影)

日産のミッドサイズSUVである「エクストレイル」がフルモデルチェンジを行い、第4世代となった新型モデルが2022年7月25日に発売された。先代の登場から9年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。

最新エクストレイルの特徴は、全グレードがハイブリッドの「e-POWER」となったこと。発電用のエンジンには、世界で日産だけが実用化している可変圧縮比エンジン「VCターボ」を搭載する。また、4WDモデルは後輪をモーターで駆動とする「e-4ORCE」となった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

試乗をして、もっとも強く感じたのは「上質感」だ。圧縮比を変化させることができるVCターボは、回転数を抑えたまま高い出力を出せる。そのため、アクセルを強く踏み込んだときのエンジン回転数も、従来エンジンより低い。また、そもそもe-POWERは、なるべく発電用エンジンの稼働を少なくするように作られている。

その結果、新型エクストレイルのe-POWERは、エンジンの稼働が少なく、「エンジンが動いていても回転数が低い」=「静かで振動が少ない」パワートレインに仕上がっていた。つまり走行中、つねに静かなのだ。

さらに乗り心地やハンドリングも穏やか。初代エクストレイルがうたった“タフギア”という特色は薄くなり、行儀が良く快適な、より大人のクルマになっていたのだ。

日産の“売れ筋”は3車種しかない

エクストレイルは、日産にとって日本市場の主力製品の1つだ。人気のSUVであることはもちろんだが、今の日産には“日本で売るクルマが少ない”という事情もある。

この夏には、セダンの「スカイライン」「シーマ」の生産が終了した。また、タイから輸入していたコンパクトカー、「マーチ」の日本向けの生産も終了している。いずれも、かつては日産の主力だったモデルだ。

先ごろ日本向けの生産が終了した「マーチ」
先ごろ日本向けの生産が終了した「マーチ」(写真:日産自動車)

現在、販売している車は軽自動車を除くと、エクストレイルのほかに「ノート」「ノートオーラ」「セレナ」「キックス」「エルグランド」、そしてBEVの「リーフ」と「アリア」しかない。この中で販売ランキング上位を狙えるのは、ノート/ノートオーラ、セレナ、エクストレイルの3モデルのみなのだ。

次ページ北米仕様「ローグ」の発売は2020年
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT