銚子電鉄「ぬれ煎餅」「まずい棒」が好調で黒字 物販の月間売り上げが「1000万円」を超える

拡大
縮小

このように、多岐にわたる経営努力でギリギリの存続を図る銚子電鉄。なりふり構わぬ訴えや、自虐ギャグのユニークさだけではない。地方の公共交通機関という立場を越え、精一杯の努力をする姿に価値を感じて、多くの人が同社を応援するのではなかろうか。

支援のエピソードは枚挙に暇がない。

危機に直面するも、多くの支援が寄せられる

2014年、脱線事故を起こし車両が破損した際には、地元の高校生がクラウドファンディングで資金を募り、500万円近くを寄付してくれたという。

また世の中には悪い人もいるもので、駅舎の掛け時計や、売上金が窃盗に遭う残念な事件もあったが、大きな善意で報われたようだ。

時計については「時計を返してください」とツイートしたところ、たくさんの時計が贈られてきたという。犬吠駅の駅舎が壊され売上金2400円が盗まれた事件では、ニュースがあらゆるメディアに取り上げられ、多くの人から約50万円の寄付が寄せられたそうだ。

同社のこれまでを振り返ると、銚子電鉄が地域に対して抱く思い、そうした同社に寄せられる全国からの支援の心といったものが、同社のブランド価値を形成してきていることがわかる。

2023年、銚子電鉄は100年を迎える。これまで紡いできた努力と支援の物語を、次世代に伝えていくことができるだろうか。

圓岡 志麻 フリーライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

まるおか しま / Shima Maruoka

1996年東京都立大学人文学部史学科を卒業。トラック・物流業界誌出版社での記者5年を経てフリーに。得意分野は健康・美容、人物、企業取材など。最近では食関連の仕事が増える一方、世の多くの女性と共通の課題に立ち向かっては挫折する日々。contact:linkedin Shima Maruoka

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT