ファミリーマートは150店一時閉店、中食4工場が稼働できない【震災関連速報】

ファミリーマートは150店一時閉店、中食4工場が稼働できない【震災関連速報】

ファミリーマートは東北エリアの約580店のうち、約150店が一時閉店中(13日15時時点)と明らかにした。社員の無事は確認している。営業再開できる店舗から、逐次開けるものの、すぐ商品が売り切れて閉店を余儀なくされる状態という。停電もあり、開店・閉店の店舗数は流動的。

また、東北関内の4つの中食工場(お弁当、おむすびの製造)が稼働できない状態。陸路の物流網も遮断されている状況。現在、関東で作った中食を供給できないか検討中だが、関東圏の工場にも一部支障が出ているという。計画停電もあるが、当面、関東圏の工場をフル稼働にして、東北に商品を供給していく方針だ。

緊急支援物資の供給は、これまでに2回実施。1回目は、岩手県庁からの要請を受け、ゼリー飲料390食、菓子306食、カップラーメン831食を提供。また、青森県庁へも同3食品を計1692食、提供した。2回目は、福島県庁からの要請を受け、霧島の天然水(500ミリリットル)1万4400本、カップラーメン4800食を、ファミリマート郡山常温センター(福島県本宮市)へ届けている。 3回目以降も計画中。

首都圏の計画停電に際しては、昼間の時間帯は通常営業を行う予定だが、冷蔵庫やレジの電源供給はストップ。それでも、客への商品供給を最優先し、ハンディーターミナル(充電池で数時間稼働)で精算を行う予定という。

なお、今2012年2月期の業績に対しては、ある程度の影響が予想されるが、現段階で推計は不可能なため、「東洋経済オンライン」では、表記予想に震災の影響は織り込んでいない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。