東洋ゴム工業は仙台工場が操業停止、生産能力約4割占め業績への影響懸念【震災関連速報】

東洋ゴム工業は仙台工場が操業停止、生産能力約4割占め業績への影響懸念【震災関連速報】

東洋ゴムは東日本巨大地震の影響で、仙台工場(宮城県岩沼市吹上)が操業停止したと発表した。

仙台工場は乗用車・ライトトラック向けタイヤの主力工場。津波による被害はなく、地震による工場建物・設備への大きな被害も認められないという。ただ、現在も停電が続いており、操業を停止中。被害の詳細は不明で、復旧の見通しは立っていない。

東洋ゴムは他のタイヤメーカーと比べ国内生産比率が高く、海外を含めた同社のタイヤ生産(ゴム生産量)のうち、仙台工場が約4割を占める。もう一方の主力工場である桑名工場は通常通り稼働しているが、今後仙台工場の復旧に時間がかかれば、業績への影響が懸念される。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。