東洋ゴム工業は仙台工場が操業停止、生産能力約4割占め業績への影響懸念【震災関連速報】

東洋ゴム工業は仙台工場が操業停止、生産能力約4割占め業績への影響懸念【震災関連速報】

東洋ゴムは東日本巨大地震の影響で、仙台工場(宮城県岩沼市吹上)が操業停止したと発表した。

仙台工場は乗用車・ライトトラック向けタイヤの主力工場。津波による被害はなく、地震による工場建物・設備への大きな被害も認められないという。ただ、現在も停電が続いており、操業を停止中。被害の詳細は不明で、復旧の見通しは立っていない。

東洋ゴムは他のタイヤメーカーと比べ国内生産比率が高く、海外を含めた同社のタイヤ生産(ゴム生産量)のうち、仙台工場が約4割を占める。もう一方の主力工場である桑名工場は通常通り稼働しているが、今後仙台工場の復旧に時間がかかれば、業績への影響が懸念される。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT