東証と大証が統合協議の方向も、市場活性化・売買拡大には冷めた見方


 ある大手証券マンは、「任天堂や村田製作所といった銘柄は現状、大証での売買が中心であり、証券会社は東京と大阪に人を張りつけなければならないが、大証は派生商品だけ、東証は現物だけ、という形に分けられれば、リストラで効率化ができる」と冷静な見方。

大手証券のストラテジストは、「中小証券の廃業が相次ぐなか、東証が上場を急いでくれれば、旧会員証券は2万株ずつ東証株を持っており、売却益が”ミルク補給”になる。日本の証券市場の拡大、国際化というテーマよりも、”業界ネタ”という色彩が濃いのでは」と言う。

今のところ市場関係者は、新聞記事の見出しほどには盛り上がっていないように見える。実際、市場活性化という本来目指すべき統合の効果がはっきりしないほか、統合手順などを巡ってまだまだ紆余曲折も予想される。
(中村 稔 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

◆大阪証券取引所の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT