加藤綾菜さんが「不妊治療はやめようと思った」訳 夫婦日記に子どもについても書いた経緯

拡大
縮小

──どう切り替えたのですか。

加藤:加トちゃんが泣いたからっていうのがありますね。加トちゃんが子どもをテーマにした番組を見たときに、「うちには子どもがいなくて、ごめんな」って、絶対泣くような人じゃないのに号泣したんです。それにめっちゃ胸が締め付けられて。加トちゃんが病気で「死ぬかもしれない」と言われたときに、「加トちゃんさえいてくれればほかに何もいらない」と思ったことを思いだして。

加トちゃんの寝顔を見たら、まるで自分の子どもかというくらい母性が出てきて、そのあたりから気持ちが定まった。強がりでも何でもなく「私の人生、間違ってない」と。でも本当に「間違ってない」と思ったのは、エッセイのマンガを描いてから。描き終わって読んだら、自分で自分を本当に整理できたんです。

加トちゃんが子どものことを描いたほうがいいよって

──客観的に見られたということでしょうか。

加藤:そうです。はじめは絶対描くつもりなかったんですけど、加トちゃんが子どものこと描いたほうがいいよって、ぎりぎりになって急遽入れたんですが、描いて楽になりました。だからもう今は全然。確かに子どもがいたらいいだろうなとは思うんですけど、それよりもこの幸せを守っていこうと思います。

子どもについては描かないつもりだったが、茶さんからの強い勧めでギリギリになってから入れたという(撮影:梅谷 秀司)

今できても、大変ですし。加トちゃんが100歳のとき、子どもは20歳ですよ。これまで頑張って生きてきた加トちゃんに、もう苦労や負担をかけさせたくない。加トちゃんが「自分の人生幸せだった」と思ってもらえる人生をこれから歩みたい。

──綾菜さんのご両親は「孫の顔を見たい」とは言わないですか。

加藤:言われたらもっとプレッシャーがあったと思うんですけど、1回も言われたことなくて。1回だけ、私から「孫見たくないか?」と聞いたことはあります。そのとき、「別にいればいいけど。いなかったらいなかったでいい。加トちゃんがステージで輝いていることがいちばんの親孝行だし、2人が幸せなのがいちばんだから」って言われました。

「できなかったことにも意味があるんだ」って、ママとパパに逆に励まされたという感じですね。それに、「綾菜の子だったら反抗期がひどくて、『クソばばあ』とか言われるパターンが濃厚」とママに言われた(笑)。

次ページ加藤茶さんのエッセイ本への感想は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT