加藤綾菜さんが「不妊治療はやめようと思った」訳 夫婦日記に子どもについても書いた経緯

印刷
A
A
「取材で何十回も子どもについて聞かれてきた」という加藤綾菜さんは、自身初のコミックエッセイにも子どもについて書いています(撮影:梅谷 秀司)
お笑い芸人、加藤茶さんの妻として知られ、2022年3月にコミックエッセイ『加藤茶・綾菜の夫婦日記『加トちゃんといっしょ』』を上梓した加藤綾菜さん。45歳年の差結婚の出会いから日常生活、結婚後に経験した激しいバッシングや子どもができないことなども、まっすぐな文章と一生懸命練習したというマンガで表現している。「加藤茶の妻」としてではなく、34歳の人間として、加藤綾菜とはどんな人物なのか──。
前編:加藤綾菜さん「世間の評価」がいきなり一変した訳

取材で何十回も子どものことを聞かれて…

──子どもがいないということもエッセイに書かれています。表現方法がほかのページと違っていて、特別なページのように感じました。不妊治療も選択肢に入れてかなり悩まれたのではないかと思います。

加藤綾菜(以下、加藤):結婚して8年目か9年目かな、アドバイスをもらいに産婦人科に行ったときに、先生がめっちゃ勧めてきたんです。45歳差で妊娠したとなったら、病院も盛り上がるからだと思うんですけど、「絶対(不妊治療)やったほうがいいですよ」「絶対できますから」なんて言って。

でも、その治療を詳しく聞いてみたら、めっちゃ加トちゃんに負担がかかる。加トちゃんは「僕の体がボロボロになってもいいよ」と言ってくれたんですが、それで治療はやめようと思いました。

事務所に入ってからは、もう30歳過ぎていたので、取材で何十回聞かれたかわからないぐらい子どものことを聞かれました。「いや、別に考えてないです」と答えていたんですけど、考えてないことはなくて、結婚した友だちも9割ぐらい出産していて内心ちょっと焦ったんです。私はもう無理なのかなって。何で気持ちが変わったんだろうな。

次ページはじめはマンガに描くつもりはなかった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT