イオンがパルコ株を取得し第2位株主に浮上。都市型SC等での提携を模索

イオンの訴える協業内容は、パルコの中計の方向性と一致しており、森トラストの吉田武副社長は、「イオンなら都市型業態への進出や海外展開なのでパルコの価値を上げられる」、と協調にまんざらでもない(「週刊東洋経済」での発言)。イオンが16.8%まで株を買い進め、森トラストとイオンの持ち株を合わせれば過半数に達する。だから、イオンが「政投銀・パルコvs.森トラスト」の構図へ割って入るのか、どちらかの陣営について旗色を鮮明にするのかで、パルコ経営をめぐる絵図は大きく違ったものとなりうる。

水面下で誰がどんな交渉をしていたのか、まだ表に出ていないが、パルコ、森トラスト、政投銀は、イオンからのより具体的な提案内容を見て、協業の実現性を探っていくことになる。いわば、「ボールはイオンが握っている」状態だ。

次のヤマ場は、5月に予定されるパルコの株主総会。森トラストは、パルコの経営に関して何らかのアクションを起こすのではないか、との観測も出ている。イオンは第2位株主としてどんな権利を主張するのか、しないのか。その行動自体が、現経営陣に対する信認・不信任に直結しかねないだけに、イオンの対応は注目される。

(撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

《東洋経済・最新業績予想》
(百万円) 営業収益 営業利益 経常利益 当期利益
連本2010.02 5,054,394 130,193 130,198 31,123
連本2011.02予 5,065,000 158,000 165,000 60,000
連本2012.02予 5,090,000 170,000 177,000 43,000
連中2010.08 2,505,121 62,175 67,572 33,628
連中2011.08予 2,520,000 67,000 72,500 19,000
-----------------------------------------------------------
1株益\ 1株配\
連本2010.02 40.7 20記
連本2011.02予 78.4 21特
連本2012.02予 56.2 21特
連中2010.08 44.0 0
連中2011.08予 24.8 0

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。