キーエンス「7つの数字」でわかる独自性とすごみ 高年収のほかにも注目すべき数字は複数ある

印刷
A
A

⑤500万円

直近のキーエンスの株価は4万7000円台で、売買単位は100株なので最低投資金額は500万円近くが必要になる。

個人投資家が投資しやすい環境を整備するために、東証が望ましい水準として示す「5万円以上50万円未満」と大きな開きがある。

⑥1974年

キーエンス(旧リード電機株式会社)が設立されたのは1974年で、今年で49年目。創業者は現名誉会長である滝崎武光氏(77)だ。

2022年6月の株主総会に参加した株主によると、一言も発言することはなかったものの「『動かざること山のごとし』で存在感は大きかった」という。

創業者の滝崎武光氏。写真は1989年撮影。1987年に株式公開をはたした(写真:週刊東洋経済編集部撮影)

⑦10年

キーエンスの現社長である中田有氏は、創業者の滝崎武光氏から数えて4代目。滝崎氏が2代目の佐々木道夫氏に社長のバトンを渡したのが55歳のときだった。

佐々木氏、三代目の山本晃則氏(現在、キーエンス取締役で特別顧問)ともに、その55歳になる前に社長職を退いている。佐々木氏は現在、ソフト関連企業であるSHIFT(東証プライム上場)の副社長を務めている。

歴代社長の就任年齢をみると、いずれも40代で社長に就いていることがわかる。そして、在任期間は約10年。これが“不文律”であるとすれば、2019年に就任した中田社長は、あと7年近くは陣頭指揮を執ることになる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT