インドの大手財閥タタグループと関係強化する、みずほFグループの狙いは?


 このほかにも、みずほはインド市場への足場づくりを推進している。08年には同国で最大のインドステイト銀行とシンジケートローンやインフラファイナンスの分野などで包括業務提携を行った。自前拠点にはムンバイとニューデリーに支店を設けており、昨年は増資で自己資本を307億ルピー(約550億円)に拡大している。

みずほと同様、三菱UFJフィナンシャル・グループもインド拠点の増強に積極的だ。ムンバイ、ニューデリー、チェナイ支店と3拠点を保有している。資金需要の拡大を受けて、昨年は2度の増資で自己資本を237億ルピー(約430億円)まで引き上げ、新規出店も検討している。

一方、三井住友フィナンシャルグループは04年にインド市場で英スタンダードチャータード銀行と商業銀行サービスで業務提携。昨年はインド大手のコタック・マヒンドラ銀行に出資し、証券や投資銀行分野での業務提携を行っている。

各社各様、有力市場への足場の築き方は微妙に異なっており、今後のさらなる拡大戦略が注目される。
 

(井下 健悟 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT