都心で多様な貸しオフィス展開、より効率的な空間利用が可能に

都心で多様な貸しオフィス展開、より効率的な空間利用が可能に

「自分の机に戻らずに都内でパソコンを自由に使いたい」「空室になったオフィスを埋めたい」--。

法人・個人を問わず、オフィススペースにまつわる要望は意外に多いもの。そうしたニーズを取り込んだのが、1989年にベルギーでスタートしたリージャス社だ。世界中で貸しオフィス事業を展開し、日本リージャスは日本法人。98年に業務開始し、現在全国25カ所・計1万坪のオフィススペースを貸している。

このうち東京都内では、六本木ヒルズや大手町ファーストスクエアをはじめ、16カ所にビジネスセンターを構える。法人ではノキアやグーグルが顧客だ。個人の場合、最も利用頻度の高いのは、ビジネスラウンジ。月額3300円を払えば、都内を含む日本全国どこのラウンジでも朝8時から夕方6時まで、パソコン用デスクを利用できる(FAXなどは別)。

モバイルの普及で情報はどこでも取れるようになったが、仕事となると、きちんとしたデスクが欲しい。従来も貸し会議室のビジネスはあったものの、ここまでグローバルベースに多様な展開をした企業はまれ。ちなみに六本木ヒルズでは、50室ある個人専用ルームが今やフル稼働状態だという。「今後は郊外でもセンターを開設したい」(呉偉会長)。どこまで新たな需要を掘り起こせるか、注目される。

(日暮良一 =週刊東洋経済2011年2月26日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。