九州新幹線に賭けたJR西日本の引けない事情


 JR西が照準を合わせているのは観光客だ。大阪より西を俯瞰すると、食や温泉の宝庫、九州がある。

ならば勝負は、いかに速く、いかに快適に客を運ぶか。最速の「みずほ」の場合、九州では新たに熊本と鹿児島にしか止まらない。空港から主要都市へのアクセスを含めた航空機と移動時間を同等にするためだ。

とはいえ、航空会社も黙っていない。1月に全日空は、大阪-熊本の「特割」の最安料金を1万4400円(割引率44%)に設定。九州新幹線の新大阪-熊本とまったく同額という徹底ぶりだ。さらに高速道路料金1000円など、政府のマイカー支援策も、依然、手ごわいライバルだ。

航空機、自動車に挟撃されてきたJR西。心血を注いできた九州新幹線が開花するかどうかが、同社の屋台骨を大きく左右する。

◆西日本旅客鉄道の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(前野裕香 =週刊東洋経済2011年2月26日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT