中国エネルギー事情 郭四志著

中国エネルギー事情 郭四志著

日本を抜き去り、世界第2位のGDP(国内総生産)となった中国。重化学工業に偏重した形で経済発展している。

世界GDPに占める中国のシェアは8%だが、石油の10%、石炭の47%、鋼材の44%、アルミニウムの30%を1国で消費(2009年)。政府は、社会不安を抑えるため当分は7%以上の成長を続け、建国100周年の49年までに先進国並みの1人当たりGDPを目指す。成長を続けるためにはこれからも重化学工業の拡大が不可欠であり、資源確保を国策として推進する。特に中国の石油3大メジャーは中東やアフリカなどで権益確保に邁進している。

こうした実態を、データと政府幹部へのインタビューを基に明らかにする。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT