中国エネルギー事情 郭四志著

中国エネルギー事情 郭四志著

日本を抜き去り、世界第2位のGDP(国内総生産)となった中国。重化学工業に偏重した形で経済発展している。

世界GDPに占める中国のシェアは8%だが、石油の10%、石炭の47%、鋼材の44%、アルミニウムの30%を1国で消費(2009年)。政府は、社会不安を抑えるため当分は7%以上の成長を続け、建国100周年の49年までに先進国並みの1人当たりGDPを目指す。成長を続けるためにはこれからも重化学工業の拡大が不可欠であり、資源確保を国策として推進する。特に中国の石油3大メジャーは中東やアフリカなどで権益確保に邁進している。

こうした実態を、データと政府幹部へのインタビューを基に明らかにする。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。