中国エネルギー事情 郭四志著

中国エネルギー事情 郭四志著

日本を抜き去り、世界第2位のGDP(国内総生産)となった中国。重化学工業に偏重した形で経済発展している。

世界GDPに占める中国のシェアは8%だが、石油の10%、石炭の47%、鋼材の44%、アルミニウムの30%を1国で消費(2009年)。政府は、社会不安を抑えるため当分は7%以上の成長を続け、建国100周年の49年までに先進国並みの1人当たりGDPを目指す。成長を続けるためにはこれからも重化学工業の拡大が不可欠であり、資源確保を国策として推進する。特に中国の石油3大メジャーは中東やアフリカなどで権益確保に邁進している。

こうした実態を、データと政府幹部へのインタビューを基に明らかにする。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。