東レが新興国の攻略に先手、炭素繊維を相次ぎ増産 


 韓国工場に炭素繊維生産設備を新設するのはその予防線的意味合いもある。韓国は、東レが持つ日本や欧米工場に比べて、人件費や水道光熱費などが安く法人税率も低い。航空機向けほど品質は高くなくとも、コスト競争力の高い商品を作りやすい。中国など新興国メーカーの製造に先んじて低価格帯市場に食い込むことで、こうしたメーカーの参入を牽制する算段だ。

ただバークレイズ・キャピタル証券の山田幹也マネージングディレクターは「牽制につながるかは微妙」と指摘する。戦闘機など軍事用途にも活用される炭素繊維は、国を挙げ採算度外視で生産体制を強化する可能性があるためだ。新興国メーカーを迎え撃つには「価格が半分になるような製造プロセスの改善に注力する必要もある」(同氏)。

事業拡大へ積極策に出る東レ。さらなる飛躍には品質だけでなく、新興国メーカーと戦える価格の実現がカギを握ることになる。

◆東レの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(鈴木良英 =週刊東洋経済2011年2月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT