外国人投資家が日本株を買う条件 菊地正俊著

外国人投資家が日本株を買う条件 菊地正俊著

外国人投資家は東証取引の売買シェア5~6割を占め、市場は外国人の需給に依存した状況が続く。今や日本株は「ニッチ商品」になりつつあり、外国人の対日投資が減少すれば、日本経済のさらなる停滞につながりかねない。

市場を牽引してきた電機、自動車とも、中長期的に成功を維持できるか疑問が呈されている。また、中国工商銀行に8大金融機関が束になっても時価総額で勝てない現状から、日本の金融立国を信じる者も皆無だ。むしろ、世界的な食料・水不足がらみ、成長余地の大きい観光・カジノ産業、そしてアジアとの関連が重視されているという。

最終章で102の外国人投資家を紹介。Webからの抜粋翻訳ながら参考になる。

日経プレミアシリーズ 914円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT