外国人投資家が日本株を買う条件 菊地正俊著

外国人投資家が日本株を買う条件 菊地正俊著

外国人投資家は東証取引の売買シェア5~6割を占め、市場は外国人の需給に依存した状況が続く。今や日本株は「ニッチ商品」になりつつあり、外国人の対日投資が減少すれば、日本経済のさらなる停滞につながりかねない。

市場を牽引してきた電機、自動車とも、中長期的に成功を維持できるか疑問が呈されている。また、中国工商銀行に8大金融機関が束になっても時価総額で勝てない現状から、日本の金融立国を信じる者も皆無だ。むしろ、世界的な食料・水不足がらみ、成長余地の大きい観光・カジノ産業、そしてアジアとの関連が重視されているという。

最終章で102の外国人投資家を紹介。Webからの抜粋翻訳ながら参考になる。

日経プレミアシリーズ 914円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。