外国人投資家が日本株を買う条件 菊地正俊著

外国人投資家が日本株を買う条件 菊地正俊著

外国人投資家は東証取引の売買シェア5~6割を占め、市場は外国人の需給に依存した状況が続く。今や日本株は「ニッチ商品」になりつつあり、外国人の対日投資が減少すれば、日本経済のさらなる停滞につながりかねない。

市場を牽引してきた電機、自動車とも、中長期的に成功を維持できるか疑問が呈されている。また、中国工商銀行に8大金融機関が束になっても時価総額で勝てない現状から、日本の金融立国を信じる者も皆無だ。むしろ、世界的な食料・水不足がらみ、成長余地の大きい観光・カジノ産業、そしてアジアとの関連が重視されているという。

最終章で102の外国人投資家を紹介。Webからの抜粋翻訳ながら参考になる。

日経プレミアシリーズ 914円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT