「サーティワン」コロナ禍で売上を伸長できたワケ アイス専門店の次は「スイーツ専門店の市場」

印刷
A
A
コロナのテイクアウト需要にいち早く対応し、大きく売り上げを伸ばしたサーティワンアイスクリーム。写真奥は4月15日に発売された「ハッピーフレンズ」(参考価格420円)。手前は期間限定の「アマーロ アフォガート」(4月1日発売)と「キャラメル抹茶オレ」(4月28日発売)参考価格各390円(撮影:尾形文繁)

最近のスイーツ市場の傾向として見られるのが、特別感や、いつもより少し贅沢といった、「ハレ感」だ。それらはスイーツに元から備わっている特性だが、コロナにより自宅で過ごす時間が多くなり、豊かな時間を演出する側面が強調されるようになった。またスイーツの写真をSNSにアップすれば、会えない仲間とも経験を共有できる。そのため、スイーツの外見もより重要視されるようになったと言えるだろう。

そんな風潮を捉えて今、躍進しているのが、アイスクリームのトップチェーン、B-R サーティワン アイスクリーム(以下サーティワン)だ。

待たずに早く買えることがコンセプト

象徴的なのが、3月1日に三鷹駅にオープンした新店舗「サーティワン アイスクリーム To Goアトレヴィ三鷹店」だ。待たずに早く買えることにポイントを置いたテイクアウト専門店で、16種類のフレーバーの中から、「バラエティボックス」を中心にシングルカップやポーションカップを販売する。

テイクアウトに特化した「サーティワン アイスクリーム To Goアトレヴィ三鷹店」。オープン後1カ月の売り上げは全国トップを記録したという(写真:サーティワン)

バラエティボックスとは2021年4月に発売された、異なるフレーバーのアイスクリームカップを組み合わせて購入できる箱入りタイプの商品。それまであったバラエティパックとの大きな違いが、カップ入りのアイスの詰め合わせとしたことだ。ばらして冷凍庫に入れられるのでかさばらず、皿に入れずそのまま食べられる使い勝手のよさがある。4個入りから12個入りまで4サイズが展開されており、8個入りは4個入りより1個分、12個入りは2個分お得など、数が多くなるごとにお得になるのもポイントだ。

次ページテイクアウト商品で2013年以来の最高益
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT