西のドラッグ王者コスモスが攻める「神奈川決戦」 舞台は平塚、激戦区で競合とあえて真っ向勝負

印刷
A
A

九州、北関東で競合を圧倒してきたコスモスが、いよいよ首都圏攻略へ本格的に乗り出す。これまでの勝ちパターンは、神奈川でも通用するか。

破竹の勢いで関東に攻勢をかけるコスモス薬品。4月23日にオープンした四之宮店は、あえて勝負をかけた場所に立つ(記者撮影)

特集「侵食するドラッグストア」の他の記事を読む

「コスモス旋風」は神奈川でも吹き荒れるか。分水嶺となる戦いが、箱根駅伝の中継所でも知られる平塚で始まった。

4月25日の14時ごろ、2日前にオープンしたばかりの「ディスカウントドラッグコスモス四之宮店」(神奈川県平塚市)は平日にもかかわらず、多くの客でにぎわっていた。40台分の駐車場はほぼ満車で、外壁に書かれた「365日毎日安い!」の文字が真っ先に目に飛び込んでくる。

店内でとくに混み合っていたのが、冷凍食品やパンなどの食品コーナー。オープンセールとして、東海漬物の「こくうま熟うま辛キムチ(320g)」が税込み98円、タカノフーズの「おかめ納豆極小粒ミニ(3パック)」が同55円で販売されていた。

目と鼻の先に強力なライバル店

店舗を運営するコスモス薬品は、九州が地盤のドラッグストアだ。売り上げの半分以上を食品が占める、フード&ドラッグの代表格である。多店舗展開を開始したのは1993年。同業の中では後発組だが、2020年度の売上高は7264億円でドラッグ業界3位に付ける。

九州から徐々に勢力を東に広げ、2020年からは群馬や栃木など北関東で出店攻勢を強めてきた。そして2021年から、東京郊外や神奈川などへの進出を始めている。

いよいよ首都圏攻略に乗り出したコスモス。四之宮店はその命運を左右する天王山となりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内