三井住友フィナンシャルグループがトップ交代を発表、「次の10年」を占う新体制に


 完全子会社化されるセディナは同日、利息返還損失引当金を130億円積み増すことを主因に業績予想の大幅な下方修正を発表したが、SMFGは連結業績見通しを10年4~9月期決算発表時点から変えていない。今期は銀行の市場営業部門で債券売却益が大幅に増加しており、与信費用が期初予想よりも大幅に減る見込みで、カード事業の下振れを吸収する見込みだ。

国内基盤強化と海外拡大という基本的な考え方はどのメガバンクも同じ。北山・奥氏の路線を継ぎながら、いかに国内外での基盤強化と拡大を図れるか。カギを握る海外拡大についても、国際的な規制強化議論が進む中、その動向次第では成長戦略の足かせともなりかねない。

外部環境をみると、事業拡大や買収実施のタイミングもこれまで以上に難しくなってきている。成長へのアクセルを踏み込む上で、宮田・國部氏の新体制の手腕が問われる。

(井下 健悟 撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)   経常収益  業務純益 経常利益  当期利益
連本2010.03  3,166,465 ・・ 558,769 271,559
連本2011.03予 3,900,000 ・・ 870,000 540,000
連本2012.03予 3,950,000 ・・ 790,000 470,000
連中2010.09  1,980,507 ・・ 540,609 417,493
連中2011.09予 1,950,000 ・・ 450,000 270,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2010.03  248.4 100 
連本2011.03予 386.6 100 
連本2012.03予 332.7 100 
連中2010.09  296.6 50 
連中2011.09予 191.1 50 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。