インフレの衝撃がG7の中で一番大きいのは英国 IMFが成長率予想を前回比で約1%も下方修正

印刷
A
A

主要7カ国(G7)のうち今後2年間に物価上昇で最悪の衝撃に見舞われるのは英国だ。国際通貨基金(IMF)がこう警告し、同国の経済成長見通しを引き下げた。

IMFは今年と来年の両方について、英国の成長率予想を1月の前回予測に比べ約1ポイントずつ下方修正した。高騰するインフレへの対処で金利が上昇し、生活費が高騰し投資が減速していることを理由に挙げた。

IMF、成長予想を引き下げ-ロシアの侵攻や中国ロックダウンで (1)

今後2年間の成長率予想が英国ほど大きく引き下げられた国はG7の中で他にない。2023年の英国の成長率はフランスにも及ばず、G7の中で最低となると見込まれた。

IMFは19日公表した世界経済見通し(WEO)で、英国のインフレ率を今年が7.4%、来年は5.3%と予測した。英国以外のG7諸国は全て、来年にはインフレ率が3%を下回ると予想されている。

インフレの衝撃は英国が最悪となる理由について、IMFは説明していない。だが、複数のエコノミストは英国が開かれた経済で、世界のエネルギー市場の価格に極めて影響を受けやすい点を指摘している。

原題:

U.K. Faces Worst Inflation Shock Among G-7 Nations, IMF Says (1)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Philip Aldrick

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT