「タウンワーク」のゾンビCMが好感度絶大の背景 4月前期のCM好感度ランキングを一挙公開

印刷
A
A
【公式CM】タウンワーク「吊り橋篇」30秒

4月前期の作品別CM好感度ランキングでは、リクルート『タウンワーク』の新CMがナンバーワンとなった。

映画の撮影現場を舞台に木村拓哉と芦田愛菜が本人を演じるシリーズの第5弾で、ふたりが目もとや唇を黒く塗ったゾンビ風のメイクで登場する。前作でタウンワークの話はしないと決意した芦田が「また運悪くその」「ま、タウンワーク」などと口にするたびに、木村が「タウンワーク?」「今言ったよね?」と反応し、ラストは彼が「木村、混乱してます!」と叫ぶ内容だ。モニターからは「ふたりの会話が自然で面白い」「ゾンビのメイクが強烈」などの感想が多く見られ、主婦や若年男性など幅広い世代から高く評価された。

トップ10の顔ぶれは?

トップ10の顔ぶれを見ると、日清食品のCMが4作品を占めた。2位の『これ絶対うまいやつ!』はチョコレートプラネットが自身の持ちネタをモチーフに歌い踊る昨年9月開始のCMがヒットした。

3、4位には『カップヌードル PRO 高たんぱく&低糖質 チリトマト』『カップヌードル MISO』がランクイン。前者は眉村ちあきの歌をBGMに“はじめまして松尾です”氏によるユーモラスなアニメーションで展開する新CM、後者はORANGE RANGEの『SUSHI食べたい feat.ソイソース』のMVをアレンジしたCMで話題を呼んだ。このほか星野源が美輪明宏と共演した『どん兵衛』が7位に入るなど、人々の記憶に残るコミカルなCMを次々にオンエアし、快進撃を続けている。

KDDIのCMも好調で、“UQUEEN”役の満島ひかりと執事役の松田龍平がコミカルな掛け合いを展開する『UQ』、三太郎が“宅トレ”動画クリエーターの竹脇まりなの指導のもとエクササイズに挑戦した『au』のCMが5、6位に並んだほか、広瀬アリスと鈴鹿央士が料金プラン『povo2.0』を訴求する作品(17位)も多く得票した。なお、KDDIは2021年度(2021年4月度~2022年3月度)の企業別CM好感度調査で全2558社中の総合1位となった。各ブランドの魅力やサービスの特徴を親しみやすく伝えるシリーズCMで年間を通して好評価を獲得し、2年ぶりの「ベスト・アドバタイザー」に輝いた。

次ページ新キャストの起用で注目を集めたヒット事例
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT