「脱炭素」指向の中で石炭株増やしビリオネアに 買い手つかない石炭会社株を買い増した「賭け」

印刷
A
A

26年までに21年比で生産能力ほぼ倍増させる

こうした状況がバヤンにはプラスに働く。株価は過去最高値近辺で取引されているほか、昨年の売上高は約29億ドルと前年の2倍余りに達し、債務を完済。アラステア・マクロード最高財務責任者(CFO)によると、生産能力を2021年の3760万トンから26年までに6000万トンへ引き上げる計画でインフラを整備している。

マクロード氏は3月のインタビューで、「もちろん当社はさまざまな課題に直面し続けるだろう。しかし、市場価格の観点から見れば、石炭需要はある。22年は健全な利益率を見込んでいる」と述べた。

原題:

A Coal Tycoon Is Making Billions in a World Aiming to Go Green(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Yoojung Lee、Fathiya Dahrul

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT