ソフトバンクGが出資の米ウーバー楽天Gと連携 楽天グループと決済サービスの利用で連携

印刷
A
A

米ウーバー・テクノロジーズは、競争が激化する日本のフードデリバリー事業で、楽天グループと決済サービスの利用で連携する。両社が18日に発表した。米ウーバーにはソフトバンクグループが出資している。

発表資料によると、ウーバーイーツジャパンは楽天が運営するオンライン決済サービス「楽天ペイ」と4月下旬までに段階的に連携を始める。楽天ユーザーは既存のIDを使ってウーバーイーツにログインでき、決済時には楽天ポイントの獲得や利用が可能になるという。

  • スマートフォンで受けた注文を自転車やバイクで運ぶフードデリバリーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が増え、国内競争は激化
    • ソフトバンクG傘下のZホールディングスが株式を保有する出前館、楽天Gやフィンランドのウォルトは全国規模で展開
    • 米ドアダッシュや韓国のクーパンも参入、一方で独フードパンダは1月に撤退
  • 日本能率協会総合研究所が昨年4月に発表した調査によると、2019年度に1700億円だった市場は、22年度に3300億円、25年度に4100億円に拡大する見込み
ウーバーイーツのロゴPhotographer: Bloomberg/Bloomberg

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:日向貴彦、Min Jeong Lee

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT