円が20年ぶりに安値更新、一時126円台に突入 日米金利差の拡大や貿易赤字で円売り圧力増大

印刷
A
A

円相場は対ドルで2002年以来、約20年ぶりの安値を更新した。日米金利差や日本の貿易収支悪化を背景に、円はアベノミクス導入後の2015年6月5日につけた最安値1ドル=125円86銭を下回った。

米10年国債利回りは12日に一時18年12月19日以来の2.8320%まで上昇するなど、日本銀行により上限が抑制されている日本国債利回りとの格差が鮮明。また、日本の貿易収支は原油など資源輸入の価格高騰を背景に赤字が続いており、日米金利差とともに円安基調の要因となっている。

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:酒井大輔

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT