意外!これが米アパレル売上高ランキングだ

C・クラインなど有名ブランドの保有企業は?

11位のアーバン・アウトフィッターズは、レディースカジュアルブランドの「Free People」(フリーピープル)を展開する。2013年にアジア初の旗艦店が原宿にオープンした。

12位のアンダー・アーマーは、高機能スポーツ用インナーのメーカーだ。スポーツ選手などがよく着ている、体にぴったりとフィットする「コンプレッションシャツ」を開発した企業として知られる。「ヒート・ギア」と言ったほうが、通りがいいかもしれない。UVカット率が非常に高いことから、海水浴場でもよく見かけるようになった。

13位のエクスプレスは、ヤングカジュアルブランド「EXPRESS」(エクスプレス)を展開する。元々は、ランキング4位のエル・ブランドが設立したブランドだったが、2007年に投資会社に売却された。その後、投資会社から株を買戻し、2010年5月にニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を果たした。

14位のルルレモン・アスレティカは、カナダ発のファッションブランドだ。ヨガ、ランニング、フィットネス関連のウエアおよびその関連アクセサリを販売する。特に日本ではヨガがブームになってから、同ブランドのヨガウエアが大人気だ。2008年に日本からは撤退したため、現在は国内に店舗はないが、ハワイを訪れた際にアラモワナ・ショッピングセンターなどで買い求める日本人観光客も多いようだ。

ムートンブーツのブームの火付け役はこの会社

日本でも人気のアグ・ブーツ。展開しているのは15位のデッカーズ・アウトドアだ。ブランド名は「UGG Australia」(アグ・オーストラリア)。日本でムートンブーツブームの火付け役となったブランドでもある。

ムートンブーツとは、羊の毛皮で作られたブーツのことで、シープスキンブーツとも言う。「米国会社四季報」の制作で初めて知ったが、「アグ・ブーツ」はブランド名ではなく、ムートンブーツを示す一般名称のようだ。形が不恰好だったため当初、「Ugly Boots」(不恰好なブーツ)と呼ばれていたものが「UGGブーツ」に変わっていった。また、「Australia」という名称が入っているため、オーストラリアのブランドと思われがちだが、米国のブランドである。「アグ・ブーツ」を引っさげてオーストラリアからやってきた創業者が、南カリフォルニアでこのブランドを立ち上げた。

最後の16位、ケイト・スペードは日本での人気が高いブランドだ。「kate spade new york」(ケイト・スペード ニューヨーク)、「KATE SPADE SATURDAY」(ケイト・スペード サタデー)、メンズラインの「JACK SPADE」(ジャック・スペード)といったカジュアルブランドを展開する。iPhone等に装着するガジェットケースを他のハイブランドに先駆けいち早く展開したため、一時期は日本でも同ブランドのケースをiPhoneに付けている女性が多くいた。2013年3月には、「ケイト・スペード サタデー」の世界1号店が原宿にオープンしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT