有料会員限定

森トラスト「選ばれるホテル」を生み出す秘訣 伊達社長「ホテル需要は消えない」

印刷
A
A

コロナ禍でかつてない逆風が吹きつけたホテル業界。需要が減る中でもやれることはあるという。

森トラストの伊達社長は「(コロナの逆風下で)試行錯誤して今までにないような商品にトライしてきた」と話した(撮影:今井康一)

特集「トップが語る大予測2022年」の他の記事を読む

コロナ禍で未曽有の不況に陥ったホテル業界。2021年の宿泊需要は最悪期を脱したように見えるが、本格回復にはほど遠い状況だ。
そうした中、顧客のニーズはどう変化しているのか。各社は2022年のシナリオをどう見通して経営を進めるのか。「マリオット」など外資系ホテルを軸に運営する不動産デベロッパー・森トラストの伊達美和子社長に聞いた。

 

――コロナ禍ではどんなニーズがありましたか?

密を回避して自然の中で開放的に過ごせる、客室も広めでゆっくりしたいといったニーズがファミリーやカップルにあった。コロナ以前から増やしていた温泉付きの客室も人気だった。

外食しにくい中、ホテルで安心して贅沢な食事を楽しみたいというニーズもあった。部屋食のプランはホテルでは難しいと思っていたが、新しい商品として何とか提供できた。ペットと一緒に泊まれる客室の稼働も良好だった。

厳しかったのはビジネス需要が中心のシティホテル。国内外で出張が減り、宴会もなかった。昨年のGo To トラベルで多少動きもあったが、多くのイベントが延期になったことで、そうした需要を取り込むことも難しかった。

――ワーケーションなど、コロナ前にはなかった新たな取り組みも増えました。

ホテルの客室はあまりデスクワークに向いていない。ベッドを外してワークスペースを確保したり、ラウンジやレストラン、共用部の空間も活用するなどして環境を整えた。バリバリ仕事をするだけなら机を貸し出すだけでいい。でもリフレッシュもしたいだろうと。どんなものを提供しようかと考えて、提案することの繰り返しだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トップが語る大予測2022年
室蘭市と連携して浮体式の洋上風力発電を開発
住友林業社長が警鐘、国内林業の深刻な実態
堀社長が語る今後のエネルギー投資の進め方
伊達社長「ホテル需要は消えない」
コロナが「何を守り、変えるか」の判断を促した
太田社長は金融グループ「2つの強み」を強調
深澤社長が語る巨額赤字からの脱却戦略
鈴木社長「アメリカでの戦闘態勢は整っている」
山口社長は増産投資に加え工場新設も示唆
村田社長「取引先と一緒に再生することが第一」
モスバーガー、社長も手応え感じた「成長の秘策」
ニューノーマル見据えて新たな店舗形態を準備
日立、「コングロマリット限界説」に新社長が反論
大谷選手のような「二刀流」を目指したい
花王が追求する「日用品だけに頼らない」生き方
長谷部社長「ライフケアカンパニーを目指す」
マンダムが「不文律」を壊して挑む新ブランドの形
創業家の西村社長「ギャツビーに甘えていた」
野村HD「ビジネスモデル変革」へ問われる覚悟
奥田社長「存在意義含め10年後を議論している」
三菱UFJが模索する「金融サービス」発想の転換
亀澤社長「誰と組んで、どうやるかが重要」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内