有料会員限定

実践! 買いサイン6銘柄 株価チャートで買いサインを見つける

印刷
A
A

直近までの株価チャートを基に、買いサインを実践的に解説する。

(tiquitaca / PIXTA)

特集「株の道場」の他の記事を読む

前記事で学んだ基礎を、直近の株価チャートで実践的に解説する。まず、買いサインが出て、しばらく経った2銘柄。

KNT-CTホールディングスは、2020年3月に安値612円をつけた後は下値固めとなり、包み足で底入れを確認し、反発基調を強めた。52週線まで戻る場面があったが、26週線が下向きであったため大幅反落となった。だが、同年8月安値649円は3月安値を下回らず、2つ目の谷を形成。十字線に近い足が出た翌週は陽線となり、上値を追った。上向きの26週線を13週線が上回るゴールデンクロスが現れたが、下向きの52週線に再び戻りを抑えられた。このように上げ下げの保ち合いが続いたことで短期・中期・長期の移動平均線が収束し買いサインが点灯。21年に入って株価は上放れた。

21年5月にはネックラインである20年5月高値1278円を上回り、ダブルボトムが完成。足元は6月高値1579円からの調整局面にある。だが、移動平均線は上から短期→中期→長期の順に並んでおり、中期上昇局面入りが濃厚だ。上向きで推移する26週線まで調整された後、「長大陽線」の買いサインが出ており、6月高値の更新も視野に入る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場
多くの個人投資家の悩みどころ
株価チャートで買いサインを見つける
株価のクセで儲ける4|株価チャートでわかる
株価のクセで儲ける3|業績を上方修正しがち
株価のクセで儲ける2|過去の法則を活用
株価のクセで儲ける1
株式市場で話題の10大テーマ
四季報LOVERが教える
9月・10月のオススメ優待
東証の新市場基準に向けて必死
四季報ランキング7
四季報ランキング6
四季報ランキング5
四季報ランキング4
四季報ランキング3
四季報ランキング2
四季報ランキング1
「秋号」こそが宝庫
「勝ち組」投資家に聞く
高値追いの米国株に劣る構造問題
強気派に聞くこれからの株価|SMBC日興証券 圷 正嗣
慎重派に聞くこれからの株価|智剣・Oskarグループ 大川智宏
株の道場
サプライズと配当成長株で勝つ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内