有料会員限定

売り時はこう判断する 多くの個人投資家の悩みどころ

印刷
A
A

株の売り時の判断は難しい。5つの方法を紹介するが、自分なりのルールが大切だ。

(taa / PIXTA)

特集「株の道場」の他の記事を読む

ルールを決める

「売った後、株価が上がって悔しい思いをした」「売るタイミングを逃して、損を抱えたまま塩漬けになっている」

こうした悩みを個人投資家から聞くことが多い。株はどういうタイミングで売るといいのか、その判断方法を教えよう。

まず、株価が下がっているとき。株価は上がるときはゆっくりだが下がるときは一気に下落し、損失が膨大になることがある。そうなるとなかなか売れない。人は100円の儲けよりも10円の損を強く感じるもの。損の確定はできるだけ避けたいというのが人情だ。

余裕資金で投資しており、何年、何十年も損のまま持ち続ける強さをお持ちの人は売らなくてもいい。だが、大きな含み損を何年も抱え続けるのは精神的にしんどい。大事なのは「損切りルール」を決めておくことだ。例えば2割下がったらとにかく売るといったルールだ。割合に根拠はない。大きな損を抱えたくないのであれば1~2割が目安になるだろうか。銘柄によって割合を変えてもいい。株主優待が目的であれば3割下がったときだけ売る、など。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場
多くの個人投資家の悩みどころ
株価チャートで買いサインを見つける
株価のクセで儲ける4|株価チャートでわかる
株価のクセで儲ける3|業績を上方修正しがち
株価のクセで儲ける2|過去の法則を活用
株価のクセで儲ける1
株式市場で話題の10大テーマ
四季報LOVERが教える
9月・10月のオススメ優待
東証の新市場基準に向けて必死
四季報ランキング7
四季報ランキング6
四季報ランキング5
四季報ランキング4
四季報ランキング3
四季報ランキング2
四季報ランキング1
「秋号」こそが宝庫
「勝ち組」投資家に聞く
高値追いの米国株に劣る構造問題
強気派に聞くこれからの株価|SMBC日興証券 圷 正嗣
慎重派に聞くこれからの株価|智剣・Oskarグループ 大川智宏
株の道場
サプライズと配当成長株で勝つ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内