有料会員限定

日本株が挽回する3条件 高値追いの米国株に劣る構造問題

印刷
A
A

成長力を高める改革は一朝一夕にはできない。個別の成長株を見極めろ。

(index_kpw / PIXTA)

特集「株の道場」の他の記事を読む

日本株劣勢は長期トレンド

菅義偉首相の退陣表明に、株式市場は連日の大幅高で応えた。東証株価指数(TOPIX)は31年ぶりの高値を記録。「政策刷新への期待からリスクオンの動きが強まった」(外資系証券)。

日本の株式市場は今年2〜3月をピークに軟調展開が続いていた。一方、米国の株式市場は最高値更新が続き、日米株価指数の騰落率はワニの口が開いたように乖離が広がった。首相退陣決定を機に日本株の挽回が始まったのだろうか。

日本株が劣勢となった原因を考えると、第1に景気回復力の弱さがある。ワクチン接種の遅れなどから緊急事態宣言が長期化し、景気のもたつき感が強い。コロナ危機に対応した財政出動や金融緩和の規模でも米国に見劣りがする。

第2に、政府の行政能力に対する不信だ。菅政権下では感染収束と経済正常化に向けた局面打開の展望がなかった。内閣支持率は危険水域の30%割れとなり、今秋の衆議院総選挙に向けた政局流動化が市場の不安を助長した。

第3に、企業の収益力とバリュエーション(市場評価)の差がある。米S&P500指数ベースの2021年の1株益は19年の最高益を大幅に更新する見通し。予想株価収益率(PER)は21倍台で、株価純資産倍率(PBR)は5倍に近い。一方、TOPIXベースの21年度1株益は大幅に改善されるが、まだ最高益には届かない見込み。予想PERは約15倍で、PBRは1.4倍にとどまる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場
多くの個人投資家の悩みどころ
株価チャートで買いサインを見つける
株価のクセで儲ける4|株価チャートでわかる
株価のクセで儲ける3|業績を上方修正しがち
株価のクセで儲ける2|過去の法則を活用
株価のクセで儲ける1
株式市場で話題の10大テーマ
四季報LOVERが教える
9月・10月のオススメ優待
東証の新市場基準に向けて必死
四季報ランキング7
四季報ランキング6
四季報ランキング5
四季報ランキング4
四季報ランキング3
四季報ランキング2
四季報ランキング1
「秋号」こそが宝庫
「勝ち組」投資家に聞く
高値追いの米国株に劣る構造問題
強気派に聞くこれからの株価|SMBC日興証券 圷 正嗣
慎重派に聞くこれからの株価|智剣・Oskarグループ 大川智宏
株の道場
サプライズと配当成長株で勝つ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内