有料会員限定

『会社四季報』元編集長がこっそり教えます 「秋号」こそが宝庫

印刷
A
A

上方修正予備軍を探すための情報が満載の秋号こそ、投資に役立つ。

(89Stocker / PIXTA)

特集「株の道場」の他の記事を読む

年4回発行される『会社四季報』の中で、最も投資に役立つ情報が載っているのが「秋号」だ。9月発売の秋号こそ情報の宝庫、というのが四季報の編集に長年携わってきた私の結論だ。理由は単純。株価に織り込まれていない、上方修正予備軍を見つけられるからだ。

日本の上場企業の約7割は3月期決算。第1四半期(4〜6月)決算発表後に発行されるのが四季報秋号だ。経験則で、第1四半期に通期の利益計画を上方修正した企業は第2四半期でも上方修正してくることが多い、と感じていた。

そこでデータを確認したところ、本記事内の図のように実証できた。

2006年4月以降の期初、第1四半期、第2四半期のすべてで営業利益の会社計画がそろっている4万3298件の決算のうち、第1四半期段階で上方修正を発表したのは2004件(全体の5%)。そのうち第2四半期段階で再び上方修正を発表したのは991件あった。つまり第1四半期で上方修正を発表した企業のほぼ半分に当たる49%が第2四半期でも上方修正したことになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場
多くの個人投資家の悩みどころ
株価チャートで買いサインを見つける
株価のクセで儲ける4|株価チャートでわかる
株価のクセで儲ける3|業績を上方修正しがち
株価のクセで儲ける2|過去の法則を活用
株価のクセで儲ける1
株式市場で話題の10大テーマ
四季報LOVERが教える
9月・10月のオススメ優待
東証の新市場基準に向けて必死
四季報ランキング7
四季報ランキング6
四季報ランキング5
四季報ランキング4
四季報ランキング3
四季報ランキング2
四季報ランキング1
「秋号」こそが宝庫
「勝ち組」投資家に聞く
高値追いの米国株に劣る構造問題
強気派に聞くこれからの株価|SMBC日興証券 圷 正嗣
慎重派に聞くこれからの株価|智剣・Oskarグループ 大川智宏
株の道場
サプライズと配当成長株で勝つ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内