有料会員限定

「板挟み」日本企業の隘路 Part1 最先端技術バトル|各社のシナリオを徹底分析

印刷
A
A

電機・半導体、自動車、化学、通信、アパレル、資源。広範にわたる影響を追った。

国家の外交・防衛政策を、民間企業がいや応なしに意識しなければいけない時代がやってきた。人権問題も含め、日本企業は経済安全保障を踏まえて戦略をどのように練るのか。影響の大きい6業種を分析した。

1 電機・半導体|米国の輸出規制直撃 国産進めリスク回避

ソニーは長崎県諫早市における半導体主力工場の増設に踏み切った

特集「全解明 経済安保」の他の記事を読む

「9月15日の中国の大手顧客への出荷停止を受けて、下期に当該顧客への売り上げはまったく見込んでいない」。2020年10月、ソニー(現ソニーグループ)の十時裕樹CFO(最高財務責任者)は20年度上半期の業績説明会でこう説明した。この日、ソニーは半導体部門の営業利益見通しを490億円引き下げ、810億円とした。ほかの部門では見通しを引き上げる中での大幅下方修正だった。これまでソニーの業績を牽引してきた優良部門が思わぬ形でつまずいた。

原因は、中国ファーウェイに対する米政府の規制強化だ。ソニーの半導体事業売上高のほとんどは、CMOSイメージセンサー(撮像素子半導体)が占める。スマートフォンのカメラ向けで圧倒的なシェアを誇り、カメラ性能を重視するファーウェイは、センサー事業の年間売上高1兆円のうち、約2割を占めるとみられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
全解明 経済安保
英国は投資規制を強化
米大学で浸透する自主管理
インタビュー/同志社大学特別客員教授 兼原信克
バイデン政権でも強硬路線
インタビュー/米スワースモア大学 教授 ドミニク・ティアニー
経済安保に政局のにおい
Part2 米中新冷戦と日本|自民党提言の意義と疑問
インタビュー/首相補佐官(経済・外交) 阿達雅志
人権リスクが直撃
積水化学、ソフトバンクなどで社員逮捕
テンセント出資で米国も強い懸念
中国での業務委託リスクが露呈
日本のものづくりが止まる
低下した日本の存在感 挽回可能か
企業幹部が抱く危機感|三菱電機 常務執行役 日下部 聡
企業幹部が抱く危機感|経済同友会 国際問題委員会 委員長 小柴満信
Part1 最先端技術バトル|各社のシナリオを徹底分析
経済安保どう取り組む?|自民党 衆議院議員 甘利 明
経済安保どう取り組む?|多摩大学 学長 寺島実郎
全解明 経済安保
米中の板挟みになる日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内