有料会員限定

「外国の影響」にどう向き合う 米大学で浸透する自主管理

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

研究の自由を守りつつ、外国からの影響をどうコントロールするか。米国の大学でも模索が続く。

中国との関係で事件の舞台となった米ハーバード大学

特集「全解明 経済安保」の他の記事を読む

米国の著名な研究者が、中国との関係を開示しなかったとして逮捕・訴追されるケースが相次いでいる。

米司法省は2020年1月、ハーバード大学の化学・化学生物学部長を務めるチャールズ・リーバー教授を訴追した。中国の研究プロジェクトとの関係を隠し、虚偽の申告をしていた罪に問われている。中国政府が外国の研究者を招致する「千人計画」に参加し、武漢理工大学から月給5万ドルを受領していた嫌疑である。

有力教授であったリーバー博士の事件は驚きをもって報じられたが、さらにこの訴追の発表と同じ日、2人の逮捕が発表されている。1人は中国人民解放軍に所属していることを隠してボストン大学に在籍し、ロボット開発に従事していた研究者、もう1人はボストンのローガン国際空港で生体サンプル21個を中国に持ち出そうとして逮捕された、がんの研究者である。

こうした事件が米国で相次いで起きている背景については、トランプ政権以降の中国に対する米国政府の制裁と関係しているという印象を持つかもしれない。しかし米国の学術研究において、「外国の影響」が先端技術の流出につながっているとする見方は、トランプ政権で突然生じたものではない。10年以降、先端情報の流出を疑わせる事件が相次いだことから、その懸念が徐々に高まってきたというのが実情に近い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
全解明 経済安保
英国は投資規制を強化
米大学で浸透する自主管理
インタビュー/同志社大学特別客員教授 兼原信克
バイデン政権でも強硬路線
インタビュー/米スワースモア大学 教授 ドミニク・ティアニー
経済安保に政局のにおい
Part2 米中新冷戦と日本|自民党提言の意義と疑問
インタビュー/首相補佐官(経済・外交) 阿達雅志
人権リスクが直撃
積水化学、ソフトバンクなどで社員逮捕
テンセント出資で米国も強い懸念
中国での業務委託リスクが露呈
日本のものづくりが止まる
低下した日本の存在感 挽回可能か
企業幹部が抱く危機感|三菱電機 常務執行役 日下部 聡
企業幹部が抱く危機感|経済同友会 国際問題委員会 委員長 小柴満信
Part1 最先端技術バトル|各社のシナリオを徹底分析
経済安保どう取り組む?|自民党 衆議院議員 甘利 明
経済安保どう取り組む?|多摩大学 学長 寺島実郎
全解明 経済安保
米中の板挟みになる日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内