有料会員限定

八方ふさがりのミャンマー進出企業 人権リスクが直撃

印刷
A
A

クーデターで事業環境が一変。人権抑圧国では事業リスクを無視できない。

不買運動に直面するキリンホールディングスのミャンマー合弁企業(写真:キリンホールディングス)

特集「全解明 経済安保」の他の記事を読む

「アジア最後のフロンティア」から一変したミャンマー。2月1日の軍事クーデターから4カ月以上が経過する中、日本企業が苦境に立たされている。国際社会は軍事クーデターと市民への虐殺を非難し、経済制裁を実施。政府による人権侵害は、企業経営へのリスクとして深刻な影響を与えている。

即席麺大手のエースコックは6月4日、フェイスブックを通じ、ミャンマーでの事業活動を一時停止すると表明。原材料の調達難により、最大都市ヤンゴン郊外のティラワにある現地工場での操業ができないことをその理由に挙げた。

窮地に立つ企業は同社だけではない。ミャンマーでの自動車販売でシェア首位のスズキは、工場増設計画が宙に浮いている。9月に稼働が予定されていた新工場は、年間4万台の生産能力を持つ。これは既存の2工場での合計生産台数の倍以上にもなる。しかし、既存の工場はクーデター後に一度稼働を再開したものの、再び停止に追い込まれた。増設工事も進んでおらず、日本人社員も多くが一時帰国した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
全解明 経済安保
英国は投資規制を強化
米大学で浸透する自主管理
インタビュー/同志社大学特別客員教授 兼原信克
バイデン政権でも強硬路線
インタビュー/米スワースモア大学 教授 ドミニク・ティアニー
経済安保に政局のにおい
Part2 米中新冷戦と日本|自民党提言の意義と疑問
インタビュー/首相補佐官(経済・外交) 阿達雅志
人権リスクが直撃
積水化学、ソフトバンクなどで社員逮捕
テンセント出資で米国も強い懸念
中国での業務委託リスクが露呈
日本のものづくりが止まる
低下した日本の存在感 挽回可能か
企業幹部が抱く危機感|三菱電機 常務執行役 日下部 聡
企業幹部が抱く危機感|経済同友会 国際問題委員会 委員長 小柴満信
Part1 最先端技術バトル|各社のシナリオを徹底分析
経済安保どう取り組む?|自民党 衆議院議員 甘利 明
経済安保どう取り組む?|多摩大学 学長 寺島実郎
全解明 経済安保
米中の板挟みになる日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内