有料会員限定

顧問という生き方 退職者、早期退職者も選択肢に

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

名誉職だった「顧問」が今、稼げる仕事に変化している。

(【IWJ】Image Works Japan - PIXTA)

特集「コンサル全解明」の他の記事を読む

上場企業2社で役員を務め、62歳で現役を退いた男性は、暇を持て余していた。

「現役時代は寸暇を惜しんで働いてきただけに、引退してからはやることがなく、心にぽっかりと穴が開いてしまったようだ」

そんな折、インターネットである広告を目にする。

「あなたの力をお貸しください」

そう書かれた広告は、顧問派遣会社のもの。企業の役員やスペシャリストなど、現役時代に活躍していた人たちを、企業に「顧問」として派遣するサービスを提供している会社だ。

「これまでの経験が生かせるなら」と男性は登録。するとすぐさま折り返しの連絡が来て、これまでのキャリアはもちろん、人脈や培ってきたノウハウについて詳しくヒアリングされた。面接から1週間後、複数の派遣先候補企業が提示されたという。

顧問といえば、社長や会長職を終えた人が就く「名誉職」のイメージが強い。だがこの10年で、経験や専門知識に基づき企業に助言を行う、「ブレーン」のような存在へと変化してきている。そういう意味ではコンサルタントと近いが、会社の名刺を持ち、内部の人間としてより深く関与するのが顧問だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コンサル全解明
epilogue|企業を成長させるための
退職者、早期退職者も選択肢に
インサイダー情報も飛び交う?
押し売り経営指南から整理屋まで
高収入の裏にある異常な生活
給料は高いのに辞める人が続出
Part3|コンサルの天国と地獄
武器は親身さと安さ
インタビュー/アクセンチュア 日本法人社長 江川昌史
インタビュー/ボストン コンサルティング グループ(BCG)日本共同代表 内田有希昌
インタビュー/デロイト トーマツ コンサルティング社長 佐瀬真人
インタビュー/EYストラテジー・アンド・コンサルティング 社長 近藤 聡
インタビュー/PwCコンサルティング 代表執行役CEO 大竹伸明
インタビュー/KPMGコンサルティング 社長兼CEO 宮原正弘
Part2 激化するコンサルバトル
競合先に移籍した幹部を提訴
石垣スーパーシティにも触手
Part1 コンサル儲けのからくり
コンサルの合弁会社が増える理由
「ヤクザなやつら」が劇的に変化
沸騰するコンサル業界
prologue|激化する人材争奪戦
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内