有料会員限定

30年で市民権得たコンサル 「ヤクザなやつら」が劇的に変化

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21
拡大
縮小
(EKAKI / PIXTA)

特集「コンサル全解明」の他の記事を読む

「私がこの世界に入った30年ほど前、コンサルティング会社なんて日本ではほとんど知られていなかった。知っていたとしても、何だか怪しげな人たち、ヤクザなやつらだと思われていた」

こう語るのは戦略コンサルのローランド・ベルガー日本法人会長を経て、現在はフリーのコンサルタントとして活躍する遠藤功氏だ。

遠藤氏がボストンコンサルティンググループ(BCG)に入った1988年、知人に「BCGに入社する」と伝えると、「注射の会社か?」と聞かれていたという。マッキンゼーも「ペンキ会社」などと呼ばれていた時代だ。

遠藤 功 著/東洋経済新報社/2200円

それくらいコンサル会社の知名度は低く、評判も悪かった。「米国の先進的な経営理論を横文字で振りかざして日本の経営者をけむに巻く、英語かぶれの連中だとみられていた」(遠藤氏)のだ。

だが、90年代後半に差しかかったころ、変化が訪れる。きっかけになったのは米マサチューセッツ工科大学教授と著名コンサルが共著で出版した書籍『リエンジニアリング革命』(93年)だ。その主旨は、縦割り組織の弊害や生産性の停滞を解決するためには業務フローを効率化し、ビジネスプロセスを最適化していくことが望ましいというもの。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コンサル全解明
epilogue|企業を成長させるための
退職者、早期退職者も選択肢に
インサイダー情報も飛び交う?
押し売り経営指南から整理屋まで
高収入の裏にある異常な生活
給料は高いのに辞める人が続出
Part3|コンサルの天国と地獄
武器は親身さと安さ
インタビュー/アクセンチュア 日本法人社長 江川昌史
インタビュー/ボストン コンサルティング グループ(BCG)日本共同代表 内田有希昌
インタビュー/デロイト トーマツ コンサルティング社長 佐瀬真人
インタビュー/EYストラテジー・アンド・コンサルティング 社長 近藤 聡
インタビュー/PwCコンサルティング 代表執行役CEO 大竹伸明
インタビュー/KPMGコンサルティング 社長兼CEO 宮原正弘
Part2 激化するコンサルバトル
競合先に移籍した幹部を提訴
石垣スーパーシティにも触手
Part1 コンサル儲けのからくり
コンサルの合弁会社が増える理由
「ヤクザなやつら」が劇的に変化
沸騰するコンサル業界
prologue|激化する人材争奪戦
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内