有料会員限定

不動産投資の勘所 すご腕投資家に学ぶ

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

勝ち組投資家たちの独特の投資スタイルを一挙公開。

「安定需要のある立地にこだわる」

特集「不動産投資 天国と地獄」の他の記事を読む

「負けない投資を信条にしている」と語るのは、不動産投資に関する書籍がある村野博基さん(45)。東京の区分中古マンションに特化した投資を行う。収益物件は目下29戸で、「東京23区を制覇するまであと6戸」という。現在の年間家賃収入は約3000万円、管理費などを引いた手取り収入は2500万円になる。

通信会社の社員だった2004年に不動産投資を始めた。そのときから基本スタイルは変わっていない。まず家賃収入を重視する。「イールドギャップ(表面利回りと借入金利との差)3%程度が目安。表面利回りが少々低くても(客が付きやすい)場所にこだわる」。

区分所有する都内マンション。管理組合理事長も務める

金融機関から借り入れをしてレバレッジを利かせることも特徴だ。「ボリュームを増やすためには借金をしたほうが早く資産を築ける。利ザヤが増えてリスクが小さくなる」。新築マンションよりも利回りがよく、運営実績がある中古のほうが手堅いとみる。昨年は新型コロナの影響で空室が瞬間的に増えたが、それでも1カ月程度で埋めることができた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産投資 天国と地獄
10年の長期傾向がわかる
不祥事で一時は存続危機も
人気サイトを使いまくれ!
顔認証をフル導入したマンションも
今さら聞けない税金のイロハ
すご腕投資家に学ぶ
Part3 不動産投資の極意
スルガ銀行が異例の対応
不動産オーナー・サブリース元社員座談会
新法きっかけにトラブル噴出
インタビュー/サブリース被害対策 弁護団長 三浦直樹
Part2 不動産投資の光と影
東京東部や地方都市に魅力
3人の専門家に聞く
1棟物件のフルローンは困難に
「もはや別の銀行」との指摘も
コロナが人の流れを変えた
急激な規模拡大のツケ
Part1 コロナ禍での投資市場
不動産投資 天国と地獄
コロナでもブームは過熱中
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内