有料会員限定

コロナ禍での投資の焦点 3人の専門家に聞く

印刷
A
A

先行きが混沌とする中で、今後の投資はどこに着目すべきか。不動産のプロを直撃した。

さくら事務所 会長 長嶋 修
管理組合の運営状態をチェック

ながしま・おさむ 1967年生まれ。99年に個人向け総合不動産コンサルのさくら事務所設立。政策提言も積極的に行い、著書も多数。(撮影:尾形文繁)

特集「不動産投資 天国と地獄」の他の記事を読む

不動産投資は昨年4月に緊急事態宣言が発令された頃から、かなり盛り上がっている。個人の方が将来の年収や働き方を見据えて副収入を考えるときに、不動産投資が選択肢の1つになっているのだろう。

一方で、不動産価格は上昇傾向にあり、利回りがずいぶん下がった。築年数がかなり経過したワンルームだと表面利回りが6%台、新築だと3〜4%になることも珍しくない。今は膨張したマネーが不動産や株式市場に流れた1985年以降のバブルの雰囲気に似ている。低金利ということもあって、新築マンションの価格は23区内では8000万円台が当たり前。郊外でも4000万円では買えなくなりつつある。理論的には説明ができない水準だ。安定収益目的の不動産投資は手がけにくくなっている側面がある。

現状は各個人の資産ポートフォリオ、つまり現金、株式といった保有バランスの中で、その一部分を不動産に置き換えておき、資産価格の上昇を見据えるというような方向性の投資が適しているのではないか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産投資 天国と地獄
10年の長期傾向がわかる
不祥事で一時は存続危機も
人気サイトを使いまくれ!
顔認証をフル導入したマンションも
今さら聞けない税金のイロハ
すご腕投資家に学ぶ
Part3 不動産投資の極意
スルガ銀行が異例の対応
不動産オーナー・サブリース元社員座談会
新法きっかけにトラブル噴出
インタビュー/サブリース被害対策 弁護団長 三浦直樹
Part2 不動産投資の光と影
東京東部や地方都市に魅力
3人の専門家に聞く
1棟物件のフルローンは困難に
「もはや別の銀行」との指摘も
コロナが人の流れを変えた
急激な規模拡大のツケ
Part1 コロナ禍での投資市場
不動産投資 天国と地獄
コロナでもブームは過熱中
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内