有料会員限定

賃貸「繁忙期」に異状あり コロナが人の流れを変えた

印刷
A
A

「独り勝ち」だった都心賃貸市場に「ニューノーマル」の波が押し寄せる。

(Fast&Slow/PIXTA)

特集「不動産投資 天国と地獄」の他の記事を読む

「『ワンルームがそうとう余っている』と社内会議で話題になった」。東京都心部を中心に賃貸仲介を手がけるスタートライングループの城田章・常務取締役は話す。

賃貸住宅業界にとって、毎年1~3月は入社や進学を見据え入退去が活発になる繁忙期だ。同社が拠点を構える東京都中央区では、例年であれば3月までに入居できる物件は取り合いになるという。

だが、今年は少々様相が異なる。「需要を牽引していた転勤の動きが鈍く、現在でもワンルームや1Kは選び放題だ」(城田常務)。

都心の人口増にブレーキ

アパート・マンション投資に当たって欠かせないのが入居者の確保。投資用として最もメジャーなのは、単身者向けの10~20平方メートル台のワンルームや1Kタイプだ。ファミリー向けの広い住戸に比べて幅広い入居者層から引き合いがある。都心部の需給はこの数年逼迫し、退去通知を受領してから実際の退去発生までの間に次の入居者が決まることは珍しくなかった。

だが、新型コロナウイルス禍で人の移動が制限され、都市部への人口流入が細ったことで賃貸需要にも変化が出ている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産投資 天国と地獄
10年の長期傾向がわかる
不祥事で一時は存続危機も
人気サイトを使いまくれ!
顔認証をフル導入したマンションも
今さら聞けない税金のイロハ
すご腕投資家に学ぶ
Part3 不動産投資の極意
スルガ銀行が異例の対応
不動産オーナー・サブリース元社員座談会
新法きっかけにトラブル噴出
インタビュー/サブリース被害対策 弁護団長 三浦直樹
Part2 不動産投資の光と影
東京東部や地方都市に魅力
3人の専門家に聞く
1棟物件のフルローンは困難に
「もはや別の銀行」との指摘も
コロナが人の流れを変えた
急激な規模拡大のツケ
Part1 コロナ禍での投資市場
不動産投資 天国と地獄
コロナでもブームは過熱中
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内