伊藤忠商事「業態革新」へ異色の新組織 時価総額首位に次いで利益トップも射程

印刷
A
A
岡藤正広会長CEOは縦割り組織の弊害を説く(撮影:尾形文繁)

特集「5大商社「次の一手」」の他の記事を読む

「世界の金融市場から出遅れていた日本株、特に商社株に世界有数の投資家が関心を示したことは日本市場全体にとって明るいニュースだ」。

アメリカの著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイによる5大商社の株式保有が明らかになった今年8月、冒頭のようにコメントを出したのが、伊藤忠商事の岡藤正広会長CEOだった。

「万年4位」──。純利益が5大商社の中で下位だったため、長年そう呼ばれていた伊藤忠商事。ところが、今年6月に時価総額で三菱商事を抜いて商社業界トップに躍り出た。

コロナ禍において、三菱商事や三井物産は2021年3月期の純利益が前期に比べて大幅に落ち込む見通し。一方で、伊藤忠は純利益同約2割減の4000億円との見通しを維持している。

他社に比べて粘り強い業績を見せている理由は2つある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内