丸紅「大赤字」で強いられた守勢 データ/時価総額では6番手

印刷
A
A

2020年3月期の決算で目立ったのは丸紅だった。なぜなら、多額の減損が直撃した結果、5大商社の中では唯一、大幅な赤字になったからだ。

業績の下方修正を受けて、2020年3月25日に会見を行った丸紅の柿木真澄社長(中央)は、「(新型コロナウイルスの景気影響は)これまでの金融危機、地政学的危機とは異なるもので影響は多方面、多岐にわたる」と強調した(記者撮影)

特集「5大商社「次の一手」」の他の記事を読む

2000億円近い最終赤字の原因をセグメント別に見ると、エネルギーとアグリの赤字が突出していることがわかる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内