三井物産のカギは「非資源」の強化 データ/利益の過半を資源事業が稼ぐ

印刷
A
A

三大商社の一角をなす三井物産だが、最終利益では3番手だ。2020年3月期の利益は三菱商事と僅差で2位だった伊藤忠商事よりも1000億円以上低い(3915億円)。これは石油・ガス事業の複数のプロジェクトで計上した475億円の減損が響いた。

三井物産の利益構成をみると金属資源、エネルギーの資源関連事業で過半を稼ぎ出している。資源では鉄鋼石や原油、LNG(液化天然ガス)などが主力で、資源商社とも称される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内