三井物産のカギは「非資源」の強化 データ/利益の過半を資源事業が稼ぐ

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

三大商社の一角をなす三井物産だが、最終利益では3番手だ。2020年3月期の利益は三菱商事と僅差で2位だった伊藤忠商事よりも1000億円以上低い(3915億円)。これは石油・ガス事業の複数のプロジェクトで計上した475億円の減損が響いた。

三井物産の利益構成をみると金属資源、エネルギーの資源関連事業で過半を稼ぎ出している。資源では鉄鋼石や原油、LNG(液化天然ガス)などが主力で、資源商社とも称される。

次ページ利益の過半を「非資源」が占める
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内