有料会員限定

チャイナスピードで競い合え パナソニック中国事業のキーマン激白

印刷
A
A

中国で最も知られる日本人トップが語る、「秒速」で動く中国市場の現実。

「アジアの国々に中国のスマート社会が広がろうとしている」

パナソニック専務 中国・北東アジア社 社長 本間哲朗(ほんま・てつろう)1961年10月生まれ。家電事業を担うアプライアンス社社長を経て2019年4月から現職で北京に駐在。若手時代に台湾で鍛えた中国語力に定評。

特集「デジタル大国 中国」の他の記事を読む

変化が激しい中国のスピードについていくためにパナソニックは2019年4月に地域カンパニー、中国・北東アジア(CNA)社を設立。そのトップの本間哲朗専務にデジタル社会・中国での経営について話を聞いた。

──中国事業が堅調です。

コロナ禍もあったが、中国内では家電など一般消費者向け商品の売上が4~9月の半年間で前年同期比1割伸び、シェアも向上した。CNA社設立前の事業部制では、日本にいる事業部長の承認がないと物事が進まなかった。だが変化が激しい中国市場を日本にいる管理職が理解するのは難しい。

とくにコロナ後の9カ月間は事実上、日中の人的往来が停止した。自立した海外での経営という点でCNA社はマッチできている。

──中国のデジタル社会の現状をどう見ていますか。

スマートフォンが中国の社会を変えている。スマホで物を買い、ビッグデータマーケティングを行い、チャットで素早いコミュニケーションを行っている。

中国は世界で唯一、本当の意味でスマート社会が実装された。私は「国民皆スマホ」と呼んでいる。スマホは実名制なので、ID、顔情報、銀行口座などが結び付き、すべての取引がスマホを介している。私自身も去年の秋から人民元の紙幣や硬貨に触っていない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
デジタル大国 中国
中国のデジタル化は新ステージへ
中国で暮らす日本人に聞きました
米国が恐れる「智能化戦争」の正体
米ドルに取って代わることはできるのか
現地駐在員10人に聞いた
特別対談|アジア・パシフィック・イニシアティブ 徳地立人 × 神戸大学 梶谷 懐
ソフトバンクGの中国リスク
スター企業が上場ラッシュ
飛躍するデジタル企業
現地イノベーション支援のプロが伝授
ユニクロ、パナソニック、京セラ
パナソニック中国事業のキーマン激白
宅配サービスの美団と低価格ECの拼多多が挟撃
1~3次産業をデジタル化し生産性向上
「財新」のテック業界デスクが解説
デジタル大国中国
日本企業は「秒速」の中国に追いつけるか
虎の尾を踏んだジャック・マー
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内