有料会員限定

デジタル最前線で競う日本企業 ユニクロ、パナソニック、京セラ

印刷
A
A

激変する中国市場に対応する企業が登場。中国での先端事例はDX時代の教科書だ。

ユニクロの上海旗艦店。実店舗とECの連携は日本以上に進む(写真:ユニクロ)

特集「デジタル大国 中国」の他の記事を読む

かつて日本企業にとって中国といえば、人件費の安い「世界の工場」や世界一の人口を有する「巨大な市場」だった。だが、現在中国でビジネスを成功させている企業は、中国をデジタル戦略の最前線と認識している。

「中国だけで3000店舗は十分可能だ」。10月の決算会見で、ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正・会長兼社長はそう断言した。

ユニクロの中国事業(香港・台湾を含む)の前2020年8月期の売上高は4559億円。新型コロナウイルスの影響で減収だったものの、5年前比で1.5倍に拡大し、ファストリ全体の2割強を稼ぐ収益柱だ。8月末時点での中国本土の店舗数は767店に増え、今21年度には国内ユニクロ(813店)を抜く可能性が高い。

柳井会長が自信を抱く背景には、デジタルを駆使した販売戦略の成功がある。代表例がEC(ネット通販)の成長だ。ファストリは売上高のEC比率を30%に引き上げる中期目標を掲げるが、国内ユニクロの前期実績は13%。一方で中国は25%と先行する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
デジタル大国 中国
中国のデジタル化は新ステージへ
中国で暮らす日本人に聞きました
米国が恐れる「智能化戦争」の正体
米ドルに取って代わることはできるのか
現地駐在員10人に聞いた
特別対談|アジア・パシフィック・イニシアティブ 徳地立人 × 神戸大学 梶谷 懐
ソフトバンクGの中国リスク
スター企業が上場ラッシュ
飛躍するデジタル企業
現地イノベーション支援のプロが伝授
ユニクロ、パナソニック、京セラ
パナソニック中国事業のキーマン激白
宅配サービスの美団と低価格ECの拼多多が挟撃
1~3次産業をデジタル化し生産性向上
「財新」のテック業界デスクが解説
デジタル大国中国
日本企業は「秒速」の中国に追いつけるか
虎の尾を踏んだジャック・マー
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内